MENU

土屋鞄の革財布|人気のおすすめ商品特集

 

革財布といえば、外国のブランドから購入するものだと考えている方もいるかもしれません。ですが、日本でも革財布を作り続けているメーカーがたくさん存在します。そんななかでも、現在注目を集めているのが土屋鞄製造所です。1965年に東京都の足立区で誕生し、それ以来高品質で使えるレザー製品を多く世に生み出してきたブランドです。日本の職人がひとつひとつ手作りで仕上げているので、上質で長く使える商品に仕上がっているのも安心できるポイントでしょう。

 

まず紹介したいのは、男性向けの黒革財布です。現在、日本だけでなく世界中で愛されているのは長財布のデザインです。そのエレガントさから長財布を選ぶ方も多いとされていますが、財布やカバンにできるだけものを入れたくない、できるならほぼ手ぶらで出かけたいというような男性もいらっしゃるでしょう。そんな方に勧めたいのが、「アルマス・ダブルフラップパームパース」です。メイン素材に使われているのがバッファローの革であり、インドの若い水牛の革を植物の渋だけを使ってなめしていったというしなやかで丈夫な「バッファロータンニンレザー」を使用しています。

 

ワイルドななかにも洗練された美しさがありますので、さりげなく持っているだけでおしゃれに見えてしまう、そんな印象も当てることができるでしょう。この財布は「引き算の美学」から生まれたとも言われており、ファッションを足し算ではなく引き算で考えたいという男性にはぴったりの財布と言えるでしょう。小ぶりなデザインながらも、収納力は他の財布にひけをとりません。旅やアウトドアでも活躍してくれそうな財布でもあります。

 

そのワイルドさとは反対に、ナチュラルで味があるデザインで展開しているのが土屋鞄の中でもロングセラーシリーズと言われている「トーンオイルヌメ」でしょう。こちらは長財布やがま口タイプの財布など様々なデザインが出てきているラインではありますが、そのイメージは“シンプルな革の袋”だそうです。素材は「オイルヌメ革」を使用しているので、とにかく革がやわらかく、くったりとした手触りも印象的です。ちなみにオイルヌメ革とは、植物の渋でなめした革に、なんとオイルをたっぷり浸みこませることで作りだした革のことを指しているそうです。

 

そこはかとなく漂うオイルの香りは、まさに大人の証しでしょう。使えば使うほどその人の個性も滲み出てきますので、使用しているうちについた傷や汚れも味になってくるでしょう。手作りですので色ムラやシワもありますが、それも財布の表情を変えてくれる個性だと考えられています。なんと内側にもピッグスウェードを使用していますので、非常に贅沢な財布とも言えるでしょう。実用的なデザインですので、男性でも女性でも使えるのも嬉しいところでしょう。

 

http://www.tsuchiya-kaban.jp/products/detail.php?product_id=173
http://www.tsuchiya-kaban.jp/products/detail.php?product_id=18