MENU

ルイ・ヴィトンの革財布|人気のおすすめ商品特集

 

日本人には超人気ファッションブランドとして名が知られているのがルイ・ヴィトンでしょう。日本人女性にもファンが多いマーク・ジェイコブスがデザイナーをつとめていることもあり、定番デザインから最新アイテムまで多くの幅広い商品があるということでも知られています。ですが、ルイ・ヴィトンで財布を購入するとしたらやはり、その候補に「モノグラム」は欠かせないでしょう。

 

その歴史は非常に古く、こげ茶色の革にルイ・ヴィトンのイニシャル「L」と「V」を組み合わせたデザインだそうです。なんでも、日本の家紋にインスピレーションを受けて出来上がったデザインだとも言われています。その革はやわらかくなめらかですので、表面に傷がつきにくいうえに防水性にも優れているそうです。長財布といってもさまざまなデザインのものがありますので、好みに合わせていろいろと探すのも楽しいでしょう。

 

近年では子牛の革「カーフスキン」にエナメル加工を施したことで、キラッと光沢が出るように加工された「モノグラム・ヴェルニ」も人気を集めています。当初は赤・ピンクなどの女性に根強い人気があるポップなカラーが人気を集めていましたが、最近では落ち着いた色合いのカラーのものも人気を集めています。さらに、アーティスト村上隆とマーク・ジェイコブスによるコラボによって生まれた「モノグラム・マルチカラー」は今までのルイ・ヴィトンにはない、斬新で明るい色遣いが特徴です。スタッズが打ち込まれたロックテイストのマルチカラーシリーズの財布も発売され、人気を集めているそうです。他にも「モノグラム・チェリー」「モノグラム・チェリーブロッサム」なども村上氏とのコラボで生まれ、若い女性を中心に人気を集めたシリーズです。

 

また、チェス盤のような模様をしたダミエシリーズも、根強い人気を得ている財布でしょう。実はダミエはモノグラムよりも歴史が古く、こちらは日本の市松模様をモチーフにして作られたとされているデザインです。現在では、茶色を基調にしたダミエカラー、そして濃いブルーと薄いブルーが組み合わさったように見えるダミエ・グラフィット、白とブルーがかったグレーを組み合わせたとされるダミエ・アズールという3種類が展開されています。ヴィトンのカラーを強く感じさせたいならばダミエカラー、さわやかな印象を持たれたいということでしたらダミエ・グラフィットやダミエ・アズールを合わせてみるのもよいかと思います。

 

カジュエルな時でもフォーマルなシチュエーションでも、どちらにも合わせることができる万能なデザインとされています。こちらもさまざまなデザインがありますので、好みのものを探して選ぶ楽しさを味わえます。

 

http://auction.rakuten.co.jp/event/naruoku/monogram_vuitton/
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%80%E3%83%9F%E3%82%A8+%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%B3/502368/f.1-p.0-s.5-sf.1-st.A-v.3-c.3812