MENU

フランスの革財布人気ブランド一覧

 

フランスを代表するブランドといえば、ルイ・ヴィトン(www.louisvuitton.jp)ではないかと思います。フランスというのは、ファッションにものすごく影響力を持っている国であり、多くのファッションブランドが軒を連ねているようなところです。

 

ルイ・ヴィトンは、旅行鞄の販売を皮切りに登場したブランドで、LとVが交差したようなロゴというのは、ブランドに興味の無い人でもしているような有名なものです。このルイ・ヴィトンの革財布と言うのは、他のブランドとは一風変わったスタイルの財布となっています。

 

特徴的なところは、革を加工してデザインをくるのではなく、前面にロゴをあしらっているという点です。普通であれば、少しがやがやとした印象が残ってしまいがちな前面デザインですが、ルイ・ヴィトンの財布はそのような感じが全くしない財布に仕上がっています。

 

次に、シャネル(www.chanel.com/ja_JP)です。シャネルももう説明がいらないほど有名なものとなっています。

 

このシャネルの創業者の生い立ちと言うのは、少し前に映画になっていましたので、知っている人も多いのではないかと思います。シャネルというと、有名な商品に「シャネルNo.5」という香水がありますが、香水のブランドではなく、服飾ブランドなのです。

 

シャネルの革製の財布の特徴と言うのは、年代を問わず、女性が持ち歩くのに適しているデザインではないかと思います。基本的なロゴと言うのは、Cが反対にクロスしているようなパッと見た感じXに見えるようなロゴですが、このロゴがワンポイントあるだけで、その財布を豪華なデザインに変えてしまうというような不思議な力を持ったロゴが特徴的です。

 

色は黒を基調としたデザインで、多くの情勢に愛されているブランドになっています。そしてフランスの革製品ブランドとして外せないところはエルメス(http://jp.hermes.com/)です。

 

創業時、エルメスは馬具の専門店でした。その後、レザー製品を扱っていくようになり、今のようなブランドに成長していったというような経緯があります。馬具の専門店ですから、革製品ということに関しては他のブランドとは違う独特の雰囲気を作り出し、そして、革本来の味をしっかりと出しているブランドということでは、恐らくトップクラスだと思います。

 

革のトップクラスのブランドということで、請ったデザインなのかと思いきや、目立ったデザインやロゴなどはほとんどありません。
パッと見た感じは、ノーブランドのように感じてしまうほどシンプルなデザインの長財布がラインナップされています。

 

このシンプルさがエルメスであり、使い込んでいく味わいというものを作り出しているということが言えます。