MENU

加工の種類記事一覧

ヌメ革というのは、タンニンでなめした皮のことで、動物によって皮の風合いが変わってくるものです。この風合いというものがヌメ革の特徴であり、使っていくことに味わいを出していくということが言えます。タンニンなめしをしただけで他の加工というもをしていないということが言えますので、使っている人の手の脂などが革にしみこんでいき、独特な雰囲気を作り出すということが言えます。しかも、このヌメ革財布の変化というのは...

タンニンなめしというのは、古くから行われているなめしの方法で、植物に含まれているタンニンを使ってなめし作業を行っている加工のことです。代表的な皮というのはヌメ革と呼ばれるもので、革自体を硬くするという性質があります。タンニンなめしの特徴というのは、革を硬くして、型崩れを防ぐと共に、しっかりとした丈夫な革に仕上げるということができます。しかし、このタンニンなめしの特徴というものがデメリットということ...

クロームなめしというのは、化学合成材によってなめし加工を行った革のことで、タンニンなめしに比べ、柔軟性と伸縮性を持つものとして利用されています。クロームなめしの特徴というのは、革が硬くならないので、購入当初からでも使いやすく、馴染みやすいということが言えます。しかし、水分の含みにくい素材ではありますが、水を含んでしまうと乾きにくく、劣化していくということが多いので、このことについてはデメリットであ...