MENU

ヌメ革とは?ヌメ革財布の魅力と特徴

 

ヌメ革というのは、タンニンでなめした皮のことで、動物によって皮の風合いが変わってくるものです。この風合いというものがヌメ革の特徴であり、使っていくことに味わいを出していくということが言えます。タンニンなめしをしただけで他の加工というもをしていないということが言えますので、使っている人の手の脂などが革にしみこんでいき、独特な雰囲気を作り出すということが言えます。

 

しかも、このヌメ革財布の変化というのは、その人の使い方や、環境などによって変化していくということになりますので、長く使っていくことにより、オリジナルの雰囲気が出てくるということが言われています。革最品の愛好家などは、購入してから10年後が楽しみだというようなことを言っている人もいるくらい、革そのものの雰囲気で作られているヌメ革の財布というのは使い手にワクワク間を持たせる最高の製品ということになります。

 

ただし、使い始めというのは革が硬く、表面も傷がつきやすいということが言えます。ことことがデメリットのようにも感じてしまいますが、それが使っていくほどに変化していくという様子をしっかりと味わうということが出来るということがヌメ革で作られた財布の特徴ということになります。表面の傷は仕方のないことなのですが、ヌメ革自体がしっかりとした丈夫な皮ですので、ちょっと荒い使い方をしたとしても、少々のことで破損してしまうというようなことはありません。ヌメ革というのは、ずっと硬いというままではありません。加工当初は、しっかりと革が引き締まっているため、硬くしまった革ですので使いにくいこともあるかもしれませんが、使い続けていくうちに、その使い方によって革がフィットしてくるということが特徴的です。

 

特に、財布でですとカード類の厚みに革がなじんできたり、手に持ったときの感触というものが、最初は反発しているような感じだったものが、手になじみ、一体化していくような感触になるということが体感できます。長く使っていけばいくほど、そのような感触というものがしっかりと感じられるようになり、その分、愛着がわいてくるということが言えるのです。使っていくことにより自分の革になってくる感覚というのは、ヌメ革の特徴であり、ヌメ革の魅力であるということが言えます。

 

というわけで、ヌメ革の財布を購入する場合は、長く使うということを視野に入れて飽きないデザインで長く使えるものを購入していくということが正解なのではないかということが言えますし、そのようなものを購入しないと、革の本当の魅力というものが体感できないということが言えるのではないかと思います。