MENU

タンニン鞣しとは?タンニン鞣し財布の魅力と特徴

 

タンニンなめしというのは、古くから行われているなめしの方法で、植物に含まれているタンニンを使ってなめし作業を行っている加工のことです。代表的な皮というのはヌメ革と呼ばれるもので、革自体を硬くするという性質があります。タンニンなめしの特徴というのは、革を硬くして、型崩れを防ぐと共に、しっかりとした丈夫な革に仕上げるということができます。

 

しかし、このタンニンなめしの特徴というものがデメリットということにもなり、このタンニンなめしで作られた革財布というものは、購入当初は使いにくさを感じてしまうということがあります。とはいえ、タンニンなめしを行ったからといって、硬いままの革ということではなく、使い続けていくうちにしっかりと馴染んでくるという特徴がありますので、馴染みだしたころからが、このタンニンなめしを施してある革の魅力であるということが言えます。

 

タンニンなめしというのは、クロームなめしとよく比較されるなめし加工の一つなのですが、化学合成材を使っているクロームなめしに比べ、長く使い続けている愛好家が多いということが特徴です。それは、タンニンなめしを行った革がしっかりと持ち主に馴染んでくるまでの時間が影響しているというもので、革本来の楽しみ方の一つであるということが言えます。タンニンなめしの加工の代表としてヌメ革を例にとっても、使い続けていくことにより革が馴染んでいくという特性をしっかりと目で見てわかるということが言えますので、愛着がわいてくるということがあるのかもしれません。

 

タンニンなめしの革を使った特徴というのは、使っていくほど表れてくる風合いというものが言えるのですが、デメリットというものもあります。それは、吸水性が高く、水を吸ってしまうと革自体が伸びてしまうということです。ぬれてしまうということに関しては、乾かせば済む問題なのですが、タンニンなめしの革というのは、濡れてしまい革が伸びてしまうと、元に戻らなくなってしまい、購入当時のシルエットが維持できないということになります。

 

このようなことになってしまっては、せっかくの革財布も台無しになってしまいかねませんので、十分に注意が必要であるということが言えます。しかしながら、このようなデメリットばかりではなく、このことだけに注意を払っておけば、タンニンなめしの革というのは、先ほども挙げた特徴から、革の本来の魅力というものを存分に家の染むことが出来るということになります。革財布愛好家の中にもこのタンニンなめしの成製品を好んでいる人が多いというのは、このような理由から来ているのかもしれません。