MENU

クローム鞣しとは?クローム鞣し財布の魅力と特徴

 

クロームなめしというのは、化学合成材によってなめし加工を行った革のことで、タンニンなめしに比べ、柔軟性と伸縮性を持つものとして利用されています。クロームなめしの特徴というのは、革が硬くならないので、購入当初からでも使いやすく、馴染みやすいということが言えます。

 

しかし、水分の含みにくい素材ではありますが、水を含んでしまうと乾きにくく、劣化していくということが多いので、このことについてはデメリットであるということが言えます。最近の革財布というのはこのクロームなめしのものが多く、化学合成材によって加工しているため、革本来の風格を楽しむということではなく、その製品自体のシルエットを楽しむということが言われています。

 

中には、クロームなめしの革財布というのは質が良くないというようなことを言う人がいますが、デメリットさえしっかりと把握し、使用状態に気をつけておけば、そんなに質の悪い製品ではありません。

 

ただ、なめし加工の方法が違うだけで、革財布ということは間違いありませんので、気にしすぎる必要はほとんどないように思います。しかしながら、革本来の魅力というのは、タンニンなめしのほうが体感できることが多いため、革製品の愛好家には、タンニンなめしのほうが好まれているということが言えるということなのです。

 

クロームなめしというのは、財布に使われるというより、革がやわらかく伸縮性の高いものであるがゆえ、衣服に使われることが多い革としてよく言われていますので、このような製品の革は大抵のものがクロムなめし加工が行われていると言っても過言ではありません。

 

クロームなめし革で作られた財布と言うのは、春色性の高いものが多くあるということが魅力で、硬い財布は嫌だという人が好んで使っているということが言えます。クロームなめしを施された革というのは、染色性に優れているということが言われておりますので、革を染めるということに関しては、クロームなめしを施したものの方が有効です。

 

つまり、全てがそうであるということはいえませんが、革本来の色ではなく色で染めているという革財布と言うのは、このクロームなめしであるということが多く、また多くの製品が作られているということになります。

 

タンニンなめしとクロームなめしというのは、よく比較されているものなのですが、どちらがよいものでどちらが悪いものという区別は人それぞれです。クロームなめしの革には、タンニンなめしとは違う魅力がありますので、そのような魅力を楽しむということでは、全く双方に違いはないように思います。